【生涯学習のユーキャン】簿記講座
世界一感動する会計の本です

日商簿記検定2級

私が実際に日商簿記検定2級に合格したときの勉強法をご紹介します。

まずはとおるテキスト日商簿記2級商業簿記とおるテキスト日商簿記2級工業簿記を使って一ヶ月かけて日商簿記検定2級の概要を覚えました。

商業簿記に関してはさほど苦労することもなく全てを理解することができたのですが、工業簿記に関しては中々苦労しましたね。

しかし、この時点で理解できない点があっても次のステップで反復の練習をすることで自然と解けるようになっていくので、ここで分からないところがあるからといってあまりそこに執着しないようにしましょう。


そして、その後はとにかく問題集を解くことをひたすらやりました。

使った問題集は日商簿記検定過去問題集2級出題パターンと解き方です。

問題集はこれさえあれば十分でしたね。解説などもとても丁寧です。

私の場合は2ヶ月間をかけてこの問題集を3回全て通してやりましたが、私の場合は満点近くとって余裕で合格したいという気持ちが強かったので、これほどやりこむ必要はないかもしれません。

しかし、私と同じように確実に合格したいと思う人はこれくらいはやっておいた方が無難でしょうね。

結局全部通して勉強したのが3ヶ月間、時間にするとおよそ100時間程度だったと思います。

結果は惜しくも満点ではなかったのですが、これで無事に合格することができました。

少しでも参考になりましたでしょうか。


日商簿記検定最短合格への道!【日商簿記検定攻略】

企業の人事が求職者に求める資格のベスト3は、

1,TOEIC

2,日商簿記検定2級

3,ファイナンシャルプランナー

となっています。

これらの資格で共通していることは、どんな職種でも比較的通用するということでしょうか。(ファイナンシャルプランナーはちょっと専門性がありますが。)

英語、簿記というのは一回取得してしまえば一生ものの知識となるはずですので、例え難しいものでもチャレンジする価値はあると思います。

まずは比較的とっつきやすい日商簿記検定から勉強してみましょう。

トーイック攻略プロジェクト@トーイック講座

「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ



簿記2級難易度は独学でも十分合格が可能だということを考えると、一般的に言えばそこまで高いものではありません。

実際私が受験してもさほど難しいとは感じませんでした。

簿記の知識が全くない人にとっては最初は難しいと感じるかもしれませんが、簿記3級をしっかり勉強をすれば、3級の延長上でしかない2級の商業簿記もさして難易度が高いとは思わないはずです。

工業簿記に関しては人それぞれ得て不得手があるみたいですが。。

私の友人は高校時代に3ヶ月程だらだら勉強していたら合格していましたから、やはりそれほどのものなんでしょう。

どうしても、難しくてやる気が出ないという人は、「いや、こんなもの私ができないはずがない!」と自分に言い聞かせて頑張りましょう!


「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ

日商簿記検定問題集などをやっていると、途中でどうしても理解できない問題に当たることが多々あると思います。

簿記という学問は理解するまではすごく時間がかかります。
しかし、一回でもその問題を理解していまえば、あとは反復の練習ですらすら解けるようになるものですので、もし、あなたがどうしても分からない問題に当たってもここで諦めたりせずに、ちょっと我慢しましょう。

もしあなたが学校に通っていたり、通信教育などを受けているならば、分からないところがあればとことん先生に質問すればいいですし、もしあなたが独学で勉強をしているのならば、分かるまで説明を何回でも読んでみてください。

私も簿記2級は独学で勉強しましたが、どうしても理解できないところは、何回も同じ説明を読んで無理やり理解しました。

1回読んで分からないものを何回読んでも一緒だろ!?

って思われるかもしれませんが、私はこれでほぼ全ての理解できなかった問題を理解することができましたので、試してみる価値は十分にあると思いますよ。


「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ

私が色々と日商簿記検定模擬試験問題集を見た中でも、一番使いやすかったものをご紹介しておきます。

 

日商簿記検定模擬試験問題集商業簿記・工業簿記2級新訂版

 

この模擬試験問題集は10回分の模擬試験に加えて、設問に対しての説明などもしっかりしており、かなり良質な参考書としても使えると思います。

私個人としては、分厚い問題集などを目の前にしてしまうとどうしてもやる気がそげてしまうのですが、この問題集はとても薄くしかも要点はしっかりと抑えているので、私と同じように無駄なことなく試験に合格したいという方にとっては、最適なものではないでしょうか。

模擬試験は本試験の直前対策としてもとても重要なものになってきますので、こういった市販されているものでかまわないと思いますので、是非ご利用ください。

 

         「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ


私が日商簿記検定2級の勉強法で一番効率的だと思ったものは、まず参考書である程度の概略を覚えて、それから後は過去問題を解きまくるといった方法です。

参考書で知識を完璧にしようとすると、どうしてもやはり難しいところがありますので、何回も実際の問題を解きながらあとは分からないところを参考書などで調べるといった方法が一番効果的だったように思います。

要するに机上の理論だけではだめで、実際に経験を積むことが簿記の勉強においては大事だということかもしれません。

ちなみに私が使っていた参考書はこちら。

サクッとうかる日商2級商業簿記テキスト第2版

サクッとうかる日商2級工業簿記テキスト第2版

この参考書は一冊950円程度と非常にお手ごろな値段なうえに、分かりやすくしかも勉強もしっかりできるものですので、かなりおすすめと言えます。

私が使った参考書はこの2冊だけだったんですが、それでも十分日商簿記検定2級には合格することができましたので、この2冊だけでも十分ではないでしょうか。

そしてあとは私が使った過去問題集ですが、これはLECという通信教育の会社から購入しました。

ここでは、2級、3級過去10年分の過去問題集がたったの1000円。

 

安いっす。

 

何も私が使ったものが全て正しいとは決して思ってはいませんが、興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

LECの通信講座&書籍 オンラインで簡単申込

 

         「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ


日商簿記検定2級問題は商業簿記から3問、そして工業簿記から2問の計5問で、配点が各20点ずつでなっています。

私自身もそうなんですが、商業簿記よりも工業簿記の方が苦手という人が多いので、効率的に勉強するのであれば、工業簿記に時間をかけるよりも商業簿記を完璧にするくらいがちょうど良いかもしれません。

商業簿記で60点を取ってしまえば、あとは工業簿記でちょこちょこっと書けば合格点には達するわけですからね。

そんな簡単にうまくはいかないとも思いますが、私はこれでうまくいきましたので、そんなに捨てた考えでもないと思いますよ。(笑)

 

         「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ


日商簿記2級検定試験の合格点は70点とはっきり決まっていますので、TOEICのような競争試験ではありません。受験者全ての方がしっかり勉強してくれば全ての人が合格する可能性もありますし、また、その逆も有り得ます。また、受験資格などは一切ありませんので、年齢、学歴、性別、全て関係なく受験することができます。

試験時間は2時間となっていますが、実際に受験してこれが短いという感覚は一切ありませんでしたので、十分落ち着いて試験に集中することができると思います。

また、合格率なんですが、平均としてはおよそ30%〜40%となっています。しかしこの合格率は各回大幅に違ってくるので、その試験によって難易度も違ってくるみたいです。

ちなみに合格率のデータを見てみると。

第106回:38.6%

第107回:5.7%

第108回:46.9%

第109回:27.5%

第110回:10.8%

(参照元:日本商工会議所データ)

 

第107回を受験した人は、運が悪かったと言うしかないですよね…。

もしあなたが受験して受からなかったとしても、ただ単に試験自体が難しかったという可能性もありますので、1回で諦めたりせずに、何回でも合格するまで頑張りましょう!

 

         「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ


日商簿記検定2級試験は高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)で構成されており、会社で言えばおよそ中規模の株式会社の簿記と考えられています。

この日商簿記検定2級は今も昔も企業側が求職者に求める資格としては常に上位に上がる資格となっており、日商簿記検定2級を保持している人はそうでない人よりも間違いなく、就職・転職には有利だといえるでしょう。

日商簿記検定2級の為の勉強をして、これらの内容をしっかりマスターすると、企業の財務諸表を読む力がつくので、企業の経営状況を把握でき、相手の経営状況も分かるので、株式会社の経営管理にはとても役立つものと言われています。

財務諸表を読む力を備えていると、自分が勤めている会社やもしくは自分が勤めようと思っている会社の経営上の問題点などが分かるようになってきますので、自分がその中この先でどのような行動をするかという対策が立てやすくなります。

そして、年金などの社会保障が不安定になっているこの時代において、株式やその他の投資にも注目が集まるようになってきましたが、それらをうまく運用するにもこの財務諸表を読む力というのは必要不可欠になってくるでしょう。

要するに決して持っておいても損にはならないどころか、便利なことだらけの資格ということです。

日商簿記検定2級・3級程度でしたら、学校などにも通わず、十分独学でも短期間での合格が望めるものなので、是非この機会にチャレンジしてみてください。

 

         「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ