【生涯学習のユーキャン】簿記講座
世界一感動する会計の本です

トップページ簿記講座簿記 in アメリカ【日商簿記検定最短合格への道】

簿記講座

日本の企業に就職をしたらアメリカの事業所に配属となり簿記の担当をしなければなりません。

こういった場合、簿記は日本である程度勉強していくべきなのでしょうか。

確かに日本とアメリカでは会計基準などは異なりますが、基礎は同じと言って間違いないです。
用語などは日本語よりもむしろ英語の方がシンプルで分かりやすいので、英語が苦手でもさほど苦労はしないでしょう。ですので、勘定科目などはなるべく英語で覚えるようにし、理論などは日本語で勉強することが一番効率的ではないかと思います。

しかし、税務のこととなるとやはり日本とは勝手が違ってきますし、また州によっても変わってきますので、ここは注意が必要となってきます。
これは実践で覚えていくものだとも思いますが、ある程度の勉強も必要となってくるのではないでしょうか。

簿記というのは国が違っても基本はどこも変わらないものですので、そんなに怖がるものでもないと思っています。
数字は万国共通のものですからね。

それよりも、英語が全く話せないのに、何故かアメリカで営業をしている私の友人の方がとても可哀想に思ってしまいます。(笑)


日商簿記検定最短合格への道!【日商簿記検定攻略】
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔