【生涯学習のユーキャン】簿記講座
世界一感動する会計の本です

トップページ日商簿記について簿記の仕訳【仕訳】

日商簿記について

仕訳とは、取引を借方と貸方に分けて、勘定科目と金額を決定することです。
企業の営業活動・取引を、原因と結果に分け、借方と貸方の記入箇所にそれぞれ書き込む作業のことをいいます。

実際に簡単な例で仕訳をやってみましょう。

例えば、○月○日に車を300,000で買ったとします。そうすると。。

借方) 車両  300,000  (貸方) 現金  300,000

と、このように仕訳されることになります。


仕訳は簿記の基本ルールと勘定科目の科目名さえしっかり覚えてしまえば、さして悩むことでもありません。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、徐々に慣れていくことです。

資格と教養のスクール フォーサイト



「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔