【生涯学習のユーキャン】簿記講座
世界一感動する会計の本です

トップページ複式簿記単式簿記と複式簿記【日商簿記検定最短合格への道!】

複式簿記

単式簿記と複式簿記の違いを出来るだけ分かりやすく説明すると。

お金の増減を記録して、最終的にいくら残ったかを確認するだけなのが単式簿記です。(何にお金を使ったかというのは記録されません。)
一方で、お金の増減の原因までを記録するのが複式簿記です。

例えば、お菓子を100円買ったとすると。

入金・出金襴の出金欄に100円と記入することになります。
これが単式簿記です。

一方複式簿記は現金が100円減少したということとお菓子が100円分増えたということを記入します。

これで何となくイメージはつかめました??


「日商簿記検定最短合格への道!」トップページへ

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔